2019年9月

2019年8月26日  三笠幼稚園

 今年の夏は遅い梅雨明けの後、毎日毎日命にかかわる猛暑が続きました。

夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

年々暑さの厳しい夏になっているような気がします。

私が子どもの頃は、30度を超えると、「とても暑い日」と思いながらも外で元気に遊んでいましたが、今は、気象予報で外での激しい運動は控え、不要な外出を控える程の異常な気象状況です。

エアコン=贅沢品と言われる時代もありましたが、今は年々暑さが厳しくなってきていますので、必需品になってきたのだと思います。

三笠幼稚園は2005年にエアコンを設置いたしました。

幼児期から寒暖に対する抵抗力をつけると良いと言われ、冬には薄着で汗腺をしっかり閉め、肌と寒さへの抵抗力を高め、夏は汗腺を緩め発汗で体温調整能力を身につける事が自律神経能力の育成に効果的と言われています。自律神経とは、体が不調になったりストレスがたまったりしたとき、自分の力で元に戻したり、良い状態へと戻す働きをする神経で、「たくましさ」の原動力となります。これから薄着を心がけ、言われなくても、寒ければ衣服を着る、暑ければ衣服を脱ぐなどの子ども達の寒さ・暑さへの自己管理能力を育てていきたいです。この暑さはまだまだ続きそうです。健康管理に気を付けて、保護者の皆様にご協力・お祈りをしていただき、行事の多い2学期を過ごしてまいりたいと思います。

夏の研修で「あなたは愛されて生まれてきた、大切な人」「失敗作などありません。一人ひとりが、神様の最高傑作なのです」マザーテレサの言葉から

2019年8月28日