2017年6月

2017年5月25日                        三笠幼稚園

 

5月のゴールデンウィーク後の子ども達の姿は泣いたり、逃げ出す子ども達もほとんど無く、徐々に幼稚園生活を楽しみ、自分の居場所を見つけ、お友達と遊び、新しいクラス・幼稚園に馴染み始めたように感じています。

 梅雨の6月に入ります。昨年の行事は雨が多かったです。

今のところ今年は始業式・入園式・お迎え訓練・お遊び会・遠足と雨に降られず良いスタートを送っています。

このまま一年間お天気に恵まれて楽しく行事を行う事が出来たら良いと願っています。

 

 2018年度から幼稚園の教育要領が一斉に改められます。

最近は何が何でも自分の思いを通そうとする子、逆に自分の思いを主張しない子、自信がなく最初から挑戦をあきらめる子、そんな子ども達が増えてきたように思います。

家族以外の人との交流が少ないなどの子ども達が育つ環境の変化が背景にあると言われています。集団生活の中で“安心・安全”が確保されることにより色々な事に挑戦する事、遊びの中から“優しさ・思いやり・感謝・我慢”が培われます。

子ども達はたくさん愛された経験・又反対に厳しく叱られた経験が多かった子ども達ほど諦めず・くじけない力がつくそうです。

保護者の皆様・私達保育者が子ども達にきちんと向き合い、愛し、褒めるときは大いに褒め、悪い時にはしっかり叱る事が大切で、無関心や、放任は好ましくありません。

幼稚園では自由に遊べる環境の確保・遊びの中から学びの基盤を作っています。

 

6月は国民の休日が一日も無く、保育日数が多いです。

お部屋遊びも多くなりますが、休まず、元気に登園して欲しいです。

園長 浅羽 裕子

 

2017年6月23日