2021年6月25日

2021年6月25日

三笠幼稚園

 2021年度1学期が終わろうとしています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い今までの保育の見通しが保育現場に混乱や戸惑いを生じさせる状況が続いています。今、私達保育者が子ども達にできる事、そしてこの先の保育の為に考えておきたい事を考えながら毎日を過ごしました。3蜜を避けるために、1学期のほとんどの行事を中止いたしました。昨年は6月に行った入園式も今年は予定通り行えましたが、一昨年まではご両親は勿論祖父母の方々にもお越しいただき、皆で初めての幼稚園生活のスタートをお祝いしていただきました。今年度顔合わせ面談は行いましたが、各クラス会は中止になり、同じクラスの保護者の方々が集う事が出来ませんでしたのでクラスとしての一体感がまだ生まれていません。5月の遠足、6月の参加日を予定し、進級・入園した子ども達を見ていただける予定でしたがそれも叶わず、お誕生日会・お遊び会も中止になりました。卒園生・在園児が楽しみにしていた「夕涼み会」も今年も中止です。

保護者の皆様方には今年度幼稚園での生活を、行事を通して見ていただく機会が無く、不安やご心配の方もいらっしゃる事と思いますが、お子様方は着実に成長しています。

初めての幼稚園生活、親子共々何もわからず始まりましたが、年少組はお祈りを覚え、椅子に座って先生の話が聞けるようになり、お友達と遊ぶ楽しさを感じています。

年長・年中も新しいクラス・先生に慣れ、新しいお友達と遊び、仲間で活動しています。

2学期の運動会・みかん狩り・クリスマス会は参加の形を考えて行う予定です。

子どもは大人にくっつく事で精神的な安心感を得るのです。人との距離が離れている今だから精神的な距離を近づけて共感できる事や言葉かけを意識して行っています。

子どもが泣きながら近づいてきたら、コロナ禍の状況であっても優しく抱っこしています。大切なのは子ども達です。

 今年も年長組は種籾からイネを育てています。毎朝「早く大きくなってね!!」と声をかけ、成長を楽しみにしています。秋には「おにぎりパーティー」です。お米作りの楽しさと、大変さを学び、食べ物を大切にし、感謝の気持ちを学んでいます。

園長 浅羽 裕子

2021年6月29日