2020年9月

2020年8月25日

三笠幼稚園

9月、殉教者月間を迎えて。

 

毎日厳しい暑さの続く中、三笠幼稚園の子供たちとご家族、先生方もお元気のことと存します。

 

covid-19感染の拡大の影響で世の中が闇に閉ざされているように見えても、いつもどこかからか一筋の光がはっきりと差し込んでいることを忘れてはなりません。

 

そしてその小さな光に向かって、誰かが先に立って歩いているということも忘れてはなりません。真の光である神様が私たちのそばに共におられる限り、闇はただ無であり、誘惑の囁きも虚しくこだますだけでしょう。

 

三笠幼稚園の子供たちとご家族の皆さん、いま私たちが直面しているこの危機に負けず、神様から与えられた大切な時間、そして英語で「Present(プレゼント)」と言われる「今」の中で出来ることを忠実に行い、見えないところで私たちのために奉仕してくださる方々のために心を込めて共に祈りましょう。

 

そして、covid-19感染拡大の影響で経済的に苦しんでいる隣人のために、皆さんの温かい心をともに分かち合うことが出来ますように。三笠幼稚園の子供たちが隣人に対して、そして社会生活の中で、正しい行動をとれる人間へと成長できるように指導をお願い致します。

時節柄、どうぞ病気など引きませんように。

哀れみ深いイエス様の御心にかなう者となりますように。アーメン。

2020年8月

三笠幼稚園宗教主事

(フィリポ)チェ ウォンテ神父より

2020年8月25日