2020年12月

2020年11月25日

三笠幼稚園

 三笠幼稚園がカトリック幼稚園である以上、当然12月の保育はクリスマスの準備が中心になっていましたが、今年は新年度の始まりから自粛が始まり、新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐ為、色々な行事が中止になり、クリスマスもいつものようにはいきません。すでに皆様にはお知らせ致しましたが、今年のクリスマス「光の式」「ホールでの発表」は年長組だけで行います。

聖堂・ホールでの密になる事を避けるためです。

年長組以外は、聖堂・ホールでのクリスマス会は残念な事に体験できませんが、馬小屋のイエズス様にお捧げする「心のプレゼント」は子供たちがお祈り・我慢・お手伝い・お友達への助け・仲良くする・言うことを聞く等で「霊的花束」と言う形でお捧げ出来ます。

毎月の「おにぎり献金」・保護者の皆様にもご協力いただきます「クリスマス献金」で困っているお友達の為にも我慢して他のお友達が喜んでくれることによって喜びが増す事も体験して欲しいです。いろいろな行事を通じて神様の愛を感じ、成長している子ども達・優しさは優しさを呼ぶ・親切は親切を呼ぶ・平和は平和を生む・喜びは喜びを招きます。

幼稚園には銀の心・金の心という教えがあります。

銀の心・・・自分がされて嫌なことはお友達にはしない。

金の心・・・自分がされて嬉しかった事をお友達にもしましょう。

という教えを大切にしています。

12月は慌ただしい月ですが、日が短くなり外も寒くなって家庭の団欒を味わう月でもあります。ご家庭の温かい雰囲気の中で良いクリスマスと来年こそは良い年になりますように祈りながら良いクリスマス・良いお年をお迎えください。

今年一年の皆様のお祈り・ご協力に感謝いたします。

園長 浅羽 裕子

2020年11月20日