2020年11月

2020年10月26日

三笠幼稚園

11月は慰霊のため祈る聖月です。(死者の記念)

わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、力あるものも、高いところにいるものも、近いところにいるものも、他のどんな被造物も、

わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、

わたしたちを引き離すことはできないのです。

<ローマ8、38-39>

カトリックの教理

「死者のためのわたしたちの祈りは、死者を助けるだけでなく、死者がわたしたちのために執り成すのを有効に(effective)することができるのです。」(『カトリック教会のカテキズム』958)

亡くなった人は、必要な清めを受けた後、神様のもと(=天)に行き、神様のそばにいます。もちろん裁きと救いは神様の領域ですから、人間が勝手に決めることはできないのですが、でもわたしたちは、親しかった人が、いつくしみ深い神の御手に包まれ、そこで救いによっていると信頼し、確信するのも当然なことです。

わたしたちは死者を思い起こして祈るとき、そういう死者とのつながりを深く感じることが出来ます。これが「effective=効果的」ということではないでしょうか。

2020年10月

三笠幼稚園宗教主事

(フィリポ)チェ ウォンテ神父より

2020年10月27日