園だより

宗教主事および園長のことば

2018年3月

2018年2月26日

 今年の冬はとても寒い日が多く、そして全国的にインフルエンザが猛威を振るいA型・B型両方が流行しました。三笠幼稚園もインフルエンザ0人を目指しましたが、最初はB型から始まり次の週にはA型が出ました。A型・B型と両方かかってしまった園児もおりました。2月3週目には落ち着き近くの学校や幼稚園のような大流行での学級閉鎖になりませんでした。毎日手洗い・うがい・室内の換気に気を付け、外で元気いっぱい遊んだおかげでしょうか元気いっぱいの三笠っ子でした。でも、まだまだ油断は禁物ですね!!

 東北一帯特に太平洋沿岸に於いて巨大な地震と津波が発生した東日本大震災から間もなく7年となります。7年という時間は決して短いものではありません。

今の幼稚園児はまだ誰も生まれていませんでした。

未だに「仮設住宅」にお住まいの方々や自主避難生活を送っていらっしゃる方々の話も聞きます。復興庁の統計によれば昨年12月の段階で8万人近い方が今なお避難生活を送られていると言われています。今までの幸せな生活を取り戻す事が出来ない状態が続いていることを忘れてはいけないと思います。三笠幼稚園はひと月に1回「おにぎりの日」の献金各行事等の献金で「ふじ幼稚園」の支援を続けていますが私達大人が語り継いでいかなければなりません。月に1度でも被災された方々の事を思い出し子ども達にも伝えていただきたいです。今年も今までの献金をふじ幼稚園に送金致します。

 今年度もあとひと月となり、進学・進級へと期待と不安の3月です。三笠幼稚園を巣立っていく子ども達、また進級を控えた子ども達は、三笠幼稚園の楽しい生活を通し神様の慈しみの下に、先生やお友達とのかかわりの中で身も心も大きく成長しました。

年度末にあたり、ともに歩んで下さった保護者の皆様に感謝申し上げますとともに、三笠幼稚園にかかわって下さったすべての方々の上に神様の豊かな恵みと祝福をお祈り致します。

一年間の皆様のお祈り・温かいご理解・ご協力ありがとうございました。

園長 浅羽 裕子

2018年4月3日

2018年2月

神様からの祝福

 

 皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

この1年が子どもたちを始め、家族の方々、先生方のうちに神様の恵みと祝福がありますようにお祈り申し上げます。

 新しい年を迎えて、子どもたちもそれぞれ次へのステップを進んでいくことと思います。年長さんは卒園を控えて春からは小学校に入学し、年中さん、年少さんの皆さんもお兄さん、お姉さんへと成長していきます。子どもたちが、これから大きくなっていっても神様のこと、イエス様のことを忘れずに、優しい神の子として歩んでもらいたいと思います。

 幼稚園では、子どもたちに一人一人に祝福をすることがあります。祝福とは神様からの恵みが私たちに注がれること、それは目には見えないけれどいつも神様が一緒にいてくださるということを願うものであります。

 

 カトリック教会においても、祝福は人に対してや信心用具(ロザリオやメダイ)などに良く使われます。聖書でも、イエス様は「子どもを抱き上げ、手を置いて祝福された」(マルコ10:16)しています。

 子どもたちは、まだ祝福の意味とか神様の恵みとかは分からないことがあるかも知れません。それでも、いつかこのような祝福を通して蒔かれた神様の種が芽を出して、子どもたち一人ひとりの信仰を咲かせてくれたらと願っています。

 大人になっていくと、だんだんと神様から離れてしまったり遠のいてしまうこともあるでしょう。しかし、神様は私たちを見捨てることなくいつも見守っていてくださいます。そのことを子どもたちは忘れずに心に留めて、これからも大きく成長してもらいたいと思います。

 

宗教主事 内藤 聡

 

2018年1月25日

2018年1月

2018年1月10日

新年あけましておめでとうございます。

今年1年が神様のお恵みいっぱいの年になりますようお祈り申し上げます。

 国際化・情報化・また少子高齢化が進むこれからの時代を生き抜いていく子供たちを育てていくうえで、昨年9月にも触れましたが、2018年4月より「幼稚園教育要領」が改訂され、三笠幼稚園はどのような使命を担っているかを考えています。

人間がお互いを尊敬し、関係性を作り愛することの大切さを伝え、親や私たち職員が思っている幸せ像に無理やりもっていくのではなく自分らしく成長できるように努めなければならないと思っています。そしてどんなに小さな子供であっても尊敬すべき存在でありその子がその子らしく輝けるよう手助けすることが大切と考えています。

 現代社会は自分と違うものを受け入れることが出来ない差別感を強く感じるような時代になっている難しい時代になっていますが、三笠にはいろいろな国籍・髪の色・肌の色・言語などの子ども達がいますので子供たちは感じてはいません。みんな同じなんです。

人が自立していくためには社会性・失敗しても見放されない安心感・今の自分でよいと思う思いを大切に①自分の意見を言う②我慢する③相手を許す④信じて待つ⑤きまりを守る⑥ダメな事はしない⑦思いやりを持つ⑧優しさを持つ力を大切にしていきたいと職員一同考えています。

 3学期は保育日数がとても少ないです。2学期のように大きな行事はありませんが、お正月・豆まき・ひな祭りなど日本の伝統的な行事を楽しみながら、年長組は小学校への進学、年中・年少・ちゅーりっぷ組は進級の為のまとめの学期です。

インフルエンザの欠席がなく2学期を終えました。

3学期も寒さに負けず、薄着を心がけ元気に3学期を送りましょう。

今年もお祈り・ご協力を宜しくお願い致します。

園長 浅羽 裕子

 

2018年1月25日

2017年12月

2017年11月25日              クリスマスに向けて心の準備を

 

 12月に入りクリスマスの季節が近づいて来て、教会や街中でも綺麗なイルミネーションが輝きはじめました。子どもたちにとっては、お家で美味しい物を食べたり、クリスマスプレゼントをもらったりして、楽しみにしている子どもも多いかと思います。

 でも、クリスマスはそうした美味しい物を食べたりプレゼントをもらうだけではなく、イエス様の誕生をお祝いする大事な日でもあります。イエス様の誕生をお祝いする準備のために、教会では待降節(たいこうせつ)というのが12月から始まります。クリスマスまでの間に、私たちの心を綺麗にする、イエス様の誕生をふさわしい心でお迎えすることが出来るように準備をしていきます。

 今月の園だよりでは、その待降節とクリスマスについて学びながら、私たちがよりよいクリスマスを迎える準備が出来ればと思います。

 カトリック教会では、クリスマス「降誕祭(こうたんさい)」の四つ前の日曜日から、クリスマスを準備する「待降節」という期間に入ります。

 待降節は、イエス様の降誕を待ち望む季節です。わたしたちの希望、わたしたちの人生における希望の光となって下さるイエス・キリストの誕生を待望する季節です。日々の中に注がれる神様の恵みを確認し、希望に感謝しながら、救い主の誕生を喜び祝うクリスマスの準備をしていく大事な期間になります。

 そして、クリスマスは救い主であるイエス・キリストの誕生を思い起こす日として古代から祝われています。イエスの誕生日について聖書には何も書かれておりません。この日に、祝うようになった理由として、有力とされる説は、古代ローマ暦では12月25日が冬至となり、太陽誕生の日として祝っていたようです。教会はこの習慣に合わせて、この日を、希望の光であるイエス・キリストの誕生日として祝うようになったというものです。

 クリスマスはただ何もせず待っているのではなく、私たちの方からイエス様をお迎えする準備であります。そして、イエス様の誕生だけでなく、再びイエス様が私たちのところに来られるのを待ち望む季節でもあります。私たち一人一人が綺麗な心でイエス様の誕生をお祝いすることが出来るように過ごしていきたいと思います。

宗教主事 内藤 聡

2018年1月25日

2017年11月

2017年10月25日

二学期最初の大きな行事「運動会」は雨天延期になりましたが、7日のお天気とはうってかわって暑いくらいのお天気に恵まれ、神様に感謝するとともに皆で力を合わせ元気いっぱい一つの事をやり遂げ、子どもたちは、ひとまわりもふたまわりも大きく成長致しました。運動会が終わり11月中頃までの幼稚園は、ゆっくり落ち着いて保育が出来る時期になります。ゆっくりと保育の質を高め、遊びの「理解」と「援助」を通して生涯にわたって自ら学ぶ力の土台がこの時期の遊びを通して育つ時期です。

遊びも同じことを繰り返すうちにつまらなくなり、新しい要素を取り込む必要が出てきますが、子ども達だけでは難しい場合があります。子どもの思いや関心に基づいて「こんな考えは?」「こんな方法もあるけど?」「こうしたら?」と保育者が提案することで全く異なる遊びが生み出されます。

自由にものを考えたり、作ったり出来る環境構成もとても大切です。

時には、保育者が仲間に入って子ども達をつなぐ援助も必要です。

保育者の期待通りにいかないこともあり、「思うままに遊んでいる」と言う事も忘れてはいけないと思います。私達保育者が園全体で共有し意見を交わしあう中で考えを深めていく過程を大切に子ども達の遊びの理解と援助を行っていきたいと考えています。

 今年も年長児はお米つくりを体験しました。4月末に種もみ選びから始まり、プランターに田植えをし「早く大きくなってな!!」と声をかけながら、運動会前に稲刈りをし、全員で脱穀をし、もみすりをみんなで行い、お米つくりの大変さを学び、食に対する関心を深めたと思います。あと少しで「おにぎりパーティー」です。

園長 浅羽 裕子

 

2018年1月25日

2017年10月

2017年9月25日                       三 笠 幼 稚 園

  十字架を切る

 

 夏休みも終わり2学期が始まりました。子どもたちも1学期に比べてとても大きく成長したように思います。夏休みでの思い出を大事にして、子どもたちは2学期も楽しく幼稚園に来てもらいたいです。

 さて、今月の園だよりでは「十字架を切る」ということについて考えてみたいと思います。

 子どもたちは、幼稚園に来て聖堂に入るときやお祈りをするときに十字架のしるしをしますが、ちゃんと十字架を切れる子もいれば、まだ難しい子もいると思います。大人でも難しいですが、ここで少し学んでもらえたら嬉しいです。

カトリック信者も、聖堂に入るとき、また、お祈りするときによく、十字架のしるしをします。これは、「アーメン」とともに、いちばん簡単な信仰告白だと言われています。

初代教会の時代から、キリスト信者たちは、十字架にかけられ、死んで、葬られ、復活されたイエス様を救い主として信じます。「信じています」ということを表すために、十字架のしるしをしていました。

しかし、キリスト教の迫害時代には、人目につかないよう、額や口、胸などに、そっと小さな十字架のしるしをしていました。そして、信者同士、互いに信仰を確かめ合い、励まし合っていたのです。キリスト教が公認されるにしたがって、今日の信者たちが教会で、大きく十字架を切って祈るようにと、大きく堂々と十字架のしるしを公にすることができるようになりました。

十字架のしるしは、下記のことばを、口頭で、また心の中で唱えながらします。

十字は、右手で、額 → 胸 → 左肩 → 右肩 → 手を合わせます。

下の絵を見ながら子どもたちも、心を込めて十字架を切れるようになれたら嬉しいです。

宗教主事 内藤 聡

 

 

2017年9月25日

2017年9月

2017年8月25日

今年は夏休み前から猛暑が続き、夏休みのお預かりも毎日プール遊びが中心でしたが、7月末から8月初めにかけて夏にしては過ごしやすい日が続きました。このまま涼しくなってしまうのは過ごしやすく嬉しいけれど、農作物やその他天候によって影響を受ける事があり心配しましたが、心配することもなく暑さが戻ったり、涼しくなったりと天候がはっきりしない毎日でした。また台風による被害があちこちで報道され、被害にあわれた方々のご健康と、一日も早い復興を心からお祈り申し上げたいと思います。

皆様方は夏休みどう過ごされましたか?

新学期に子ども達からたくさんの楽しい経験を聞きたいと思います。楽しみにしています。

私達職員はこの夏休みもたくさんの研修に参加いたしました。

2018年度4月より幼稚園教育要領が改定されます。

21世紀中盤を担う子供たちに、どういう力を付けていったらよいかという問題意識が考えられています。小学校以降とのつながりを踏まえて示される

1.知識・技能の基礎、2.思考力・判断力・表現力等の基礎、3.学びに向かう人間性等

この3つは柱は新しい考えではなく以前からの遊びや生活のなかでの豊かな体験を通して何を感じ、何に気づき、何が解り、何が出来るようになるかを試したり、工夫したり表現していました。遊び込む経験が多い方が学びに向かう力が高くなると言われています。

三笠幼稚園は今後も保育の質を高め、「日々の遊びが学びの保育」を充実させ活用し、取組みたいと思います。

2学期は行事の多い学期です。どの行事も体調を整え一生懸命努力し、楽しんで行って欲しいと思います。保護者の皆様にもお手伝いいただく事の多い学期です。どうぞ宜しくお願い致します。

園長 浅羽 裕子

 

2017年9月25日

2017年7月

2017年6月26日                       三 笠 幼 稚 園

イエスのみ心

 6月に入り梅雨の季節に入ってきました。雨の季節は心が重たくなりますが、夏に向けて子どもたちと一緒に元気に過ごしていきたいものであります。

 さて、教会は伝統的に、6月を「イエスのみ心の月」として、お祝いをしています。

イエスのみ心とは、私たちが神様から愛されているということを思い起こすと共に、イエス様の無限の愛のしるしである“み心”をたたえることです。

 

 皆さんは「愛」と聞くとどのようなうイメージが思い浮かびますか?

多くの人は「愛」と聞くと、恋愛とか結婚など男女の愛を思い浮かべるかも知れません。もちろん、それも答えではありますが、聖書や教会で言われる「愛」はもっと広いイメージがあります。もちろん神様を愛すること、家族を愛すること、友達や、それ以外のたくさんの人をも愛することと言えるでしょう。

 

 ある聖書では「愛」というのを「大切にする」とか「大事にする」というように書かれています。なので、神様を大切にする。家族を大切にする。友達を大切にするという方が分かりやすいかも知れません。

 イエス様は父である神様を一番に大切にしていました。そして、弱い人や、貧しい人、子どもや女性も大切にされました。そして、今でも私たちを大切にしてくださっています。

 しかし、私たちはつい神様やイエス様を大切にせず忘れてしまったり、家族や友達を大切にせず、自分勝手なことをしてしまいがちです。そうしていくと、イエス様の心は悲しんでしまいます。

 私たちもイエス様のように、父である神様を大切にしながら、家族、友達、これから出会うたくさんの色々な人を大切にしていけるような心を持ち続けたいものであります。

宗教主事 内藤 聡

2017年6月29日

2017年6月

2017年5月25日                        三笠幼稚園

 

5月のゴールデンウィーク後の子ども達の姿は泣いたり、逃げ出す子ども達もほとんど無く、徐々に幼稚園生活を楽しみ、自分の居場所を見つけ、お友達と遊び、新しいクラス・幼稚園に馴染み始めたように感じています。

 梅雨の6月に入ります。昨年の行事は雨が多かったです。

今のところ今年は始業式・入園式・お迎え訓練・お遊び会・遠足と雨に降られず良いスタートを送っています。

このまま一年間お天気に恵まれて楽しく行事を行う事が出来たら良いと願っています。

 

 2018年度から幼稚園の教育要領が一斉に改められます。

最近は何が何でも自分の思いを通そうとする子、逆に自分の思いを主張しない子、自信がなく最初から挑戦をあきらめる子、そんな子ども達が増えてきたように思います。

家族以外の人との交流が少ないなどの子ども達が育つ環境の変化が背景にあると言われています。集団生活の中で“安心・安全”が確保されることにより色々な事に挑戦する事、遊びの中から“優しさ・思いやり・感謝・我慢”が培われます。

子ども達はたくさん愛された経験・又反対に厳しく叱られた経験が多かった子ども達ほど諦めず・くじけない力がつくそうです。

保護者の皆様・私達保育者が子ども達にきちんと向き合い、愛し、褒めるときは大いに褒め、悪い時にはしっかり叱る事が大切で、無関心や、放任は好ましくありません。

幼稚園では自由に遊べる環境の確保・遊びの中から学びの基盤を作っています。

 

6月は国民の休日が一日も無く、保育日数が多いです。

お部屋遊びも多くなりますが、休まず、元気に登園して欲しいです。

園長 浅羽 裕子

 

2017年6月23日

2017年5月

2017年4月25日                               三 笠 幼 稚 園

 ✝主のご復活おめでとうございます。

 先日、全世界の教会では復活祭をお祝いしました。英語では、ハッピーイースターとも言われますが、日本語では復活祭と言います。復活をお祝いします。 誰の復活をお祝いするんでしょうか。それはイエス様のご復活をお祝いします。 イエス様は十字架で死なれて、墓に葬られて、3日目に復活されました。  死んだはずのイエス様を、父なる神様はお見捨てにはなりませんでした。父なる神様は、十字架に死んでお墓に葬られたイエス様をいのちに呼び出してくださいました  十字架に死んでくださったイエス様が、死んだのに、父なる神様にいのちを与えられて復活された。わたしたちはそのことをお祝いします。

 ただイエス様が生きておられることだけをお祝いするのではありません。イエス様にいのちをお与えになった父なる神様は、わたしたち一人一人にも、いのちを与えて下さっていて、それをとても喜んでくださっている。みんなのいのちを心から慈しんでくださっている。大切にしてくださっているんですね。だから、みんなのいのちが失われてはいけない。滅びてはいけない。そうお望みになって、イエス様の十字架によって、わたしたちの罪を赦して、わたしたちがたとえ死んでも、イエス様をいのちに呼び出してくださった神様は、わたしたちを、みんなのことをも、いのちに呼び出して下さるのです。

 みんながお母さんから生まれてきた日、お父さんやお母さん、家族のみんなは何ていってお祝いしてくれたでしょうか?きっと「おめでとう」と言ってお祝いしてくれたと思います。イエス様のご復活を「おめでとう」と言ってお祝いするわたしたちは、そのイエス様から永遠のいのちを頂いて、神様から「おめでとう」と喜ばれている一人ひとりです。  イエス様が生きておられるというのは、わたしたちも生きるようにという父なる神様の御心です。与えられたいのちを楽しく喜んで生きるように、そして自分のいのちの終わりを迎えるときには、イエス様に罪を赦されて、永遠のいのちを頂いて、また神様によって生かされるように、そう父なる神様は望んでくださっています。

 復活されたイエス様は、いつもみんなと一緒にいてくださって、みんな一人一人のことをお守りくださいます。わたしたちを大切にし、何よりも心にかけてくださるイエス様に感謝して、新しく始まる幼稚園の毎日を大切に過ごして欲しいと思います。                宗教主事 内藤 聡

2017年5月9日
› 続きを読む