園だより

宗教主事および園長のことば

2022年2月25日

2022年2月25日 

三 笠 幼 稚 園

 春の訪れをだんだんと感じられるようになり、新しい出発が近づいています。パンデミックが宣言されてから2年、あらゆるディスタンスがすっかり定着してしまいましたが、心は近くに共にあり続けたいところです。聖書の一つの場面にはイスラエル民族の最初の人と言われるヤコブが登場します。彼は追い詰められて不安に苛まれているときに夢を見ました。夢の中で梯子をのぼりくだりする天使を見ている『ヤコブの夢』は、画家M・シャガールの有名な作品になっています。夢で聞いたのは神さまの声でした。「見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない」(創28・15)。眠りから覚めたヤコブは「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった」(創28・16)と言いました。気づかないときにも神さまが共にいてくださったことが分かったのです。ところで、イエスさまは「神は我々と共におられる」(インマヌエル)と呼ばれる方としてお生まれになりました(マタイ1・23)。聖書のさまざまな場面によるとイエスさまは、病気で神さまや人との関係がもてなくなってしまった人たち、傷ついて悲しみにある人たち、苦しみにあって自ら神さまの前に立つことができない人や、ゆるされない存在だと思って心を閉ざしてしまっている人と出会い、神さまが共におられる真実をはっきりとお示しになられたのです。十字架の苦しみと死にあってもわたしたちから離れることなく、復活なさった後に「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28・20)と明言されました。ヤコブの夢のようなかたちもありますが、イエスさまの言葉はわたしたち一人ひとりに向けられています。「神は我々と共におられる」と呼ばれる方としてお生まれになった方は、ご自身をもってわたしたちの心に共にいてださるのです。この恵みのうちにありながら、わたしたちも自分にとって大切な人のどこまでも共にいる存在であり続けたいとあらためて思います。

宗教主事 祖父江 優太 神父

2022年2月28日

2022年1月25日

2022年1月25日

三笠幼稚園

 コロナ感染拡大を防ぐ為の3日間の休園にご理解・ご協力ありがとうございました。

3月になりますと、東日本大震災から11年を迎え、三笠幼稚園で応援しています「おにぎり献金」の仙台ふじ幼稚園への支援も10回目の節目を迎えます。

自然災害や感染症対策・不審者の侵入・遊具でのケガ等子ども達の安全を脅かす事件・事故等の発生に備えて、どのような状況においても子ども達が安心して伸び伸びと過ごす事が出来るよう安全を保障し、保育の工夫をし、保育者一人一人が危機管理能力を磨き、たくさんの情報の中から必要な情報を選択し、幼稚園としての状況に応じた最善の判断を日々努めておりますが、今年度もコロナ対策に追われた年度でした。

年が変わってオミクロン株の感染拡大のスピードの速さに驚き、この非常事態を乗り越える為の対策に頭を悩ませています。

消毒・検温・手洗い・換気・マスクは当たり前で、食事の時の黙食・大きな声を出さない、難しいですが密にならずに遊ぶ等子ども達は自分たちの身を守る為の力を身につけつつあります。

「~してはダメ!!」「~しなさい!!」ではなく子ども達自ら学んでいっています。

子ども達の命を預かっている幼稚園では、もう一度安全管理の徹底を致します。そして、ご家庭でも「防災・安全」について話し合う機会を設けてほしいです。

3学期は保育日数が少ないです。時の流れが速いと感じる学期です。

2学期のように大きな行事はありませんが、年長組は小学校に進学する為の総まとめの学期です。年中組・年少組は進級の為のまとめの学期です。

たくさんの楽しい思い出を作って欲しいです。

園長 浅羽 裕子

2022年2月8日

2022年1月11日

2022年1月11日

三笠幼稚園

 2021年の暮れにあたり、この一年も昨年に引き続いて感染症に苛まれた年だったように思います。そんな中にあって、今年もクリスマスを迎える時期となりました。不安がつきまとう日々は、暗闇を歩んでいるかのように感じさせます。大昔に預言者イザヤの言葉を聞いていた人たちは、まさに「闇の中を歩む民」でした。大国の支配下にあって苦しんでいたからです。「闇の中を歩む民は、大いなる光を見 死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた」(イザヤ9・1)。預言から何百年も経った後に現実の出来事(救い主の誕生)となったことを考えると、人々は想像を超える忍耐を通して救い主の到来を待ち望み、ご降誕を祝う喜びがもたらされたことになります。そうは言っても、苦しみのさなかで救い主が与えられることを聞いたときには光が見えてきたことでしょう。「きょう わたしたちのために救い主が生まれた」。ルカ福音書では、マリア様とヨセフ様のもとでお生まれになったイエス様が布にくるまって飼い葉桶の中に寝ていることを天使が羊飼いたちに告げ、あなたがたへのしるしであると言います(ルカ2・12)。そのことを素直に受け入れることができた羊飼いたちは、逸早くクリスマスをお祝いすることになりました。弱い幼子の姿をもってお生まれになったイエス様を通して示されるのは、救いは力によらず愛といつくしみによるということです。イエス様はわたしたちの苦しみや弱さを知り、伴ってくださいます。イエス様が共にいてくださるのなら、どんな時も心はクリスマスの喜びです。神様のお恵みが豊かに注がれますように、良いクリスマスと新年をお祈り申し上げます。

                   宗教主事 祖父江 優太神父

2022年1月12日

2021年11月25日

2021年11月25日

三笠幼稚園

 今年も、コロナウイルス感染拡大を防ぐ為、沢山の不安の中で、新年度がスタートし、一学期の行事がほとんど中止になり、夏には全国的に第5波の感染拡大で夏の行事も中止になり、帰省、旅行、夏の行動が狭まれ、オリンピック終了後感染が拡大すると予想されながら、理由がはっきりわからないまま全国的に感染者が減りました。2学期の保護者の皆様をお迎えしての運動会は、残念でしたが年長組だけになりましたが、年中組・年少組は10月いっぱい「運動会ごっこ」を楽しみ、みかん狩り遠足は、分散になりましたが、秋の味覚を楽しむことが出来たのではないでしょうか。また、クラス役員さんが計画して下さった「秋祭り」も子ども達は大喜びで、お買物を楽しめました。

 いよいよ、幼稚園のメインイベント「クリスマス会」です。

感染者数は減ったものの、まだまだ予断が許せる状況ではありませんので、2年前のように、全員が人数制限なく聖堂・ホールに集いクリスマス会をお祝いすることは少し怖いです。学年ごとの見学者数限定分散発表になりますが、各学年の練習が始まり、子ども達の生の姿をご覧いただけます事を嬉しく思います。どうぞ楽しみにしていてください。

子ども達にとってサンタクロースの存在は大きく、サンタさんからのプレゼントは大きな喜びですが、幼稚園はイエズス様のご誕生を喜び、お祝いする準備を、保護者の皆様・お家の皆様にご協力いただく「クリスマス献金」と「霊的花束(心のプレゼント)」で表します。

霊的花束は子ども達が幼稚園の生活の中や、ご家庭でお祈り・我慢・お手伝い・お友達への助け・仲良くする・優しくする等などが実行出来たらシールを貼りクラスで完成させ、「馬小屋」にお捧げ致します。子ども達の優しさが幼稚園いっぱいになりますよう願いながら行います。

 今年一年皆様方のお祈り・ご協力に感謝いたします。

来年こそは良い年になりますように祈りながら素敵なクリスマス・新年をお迎えください。

園長 浅羽 裕子

2021年11月26日

2021年10月25日

2021年10月25日

三笠幼稚園

 わたしは神父になる前、準備のために東京と福岡の神学校でそれぞれ3年ずつ過ごしました。福岡の神学校の近くには、「火星人」という安いカラオケ店がありました。日本語を勉強していた外国籍の神学生がいたときは「日本語の勉強」という名目で一緒に行きました。ある時、中島みゆきさんの『糸』という曲が歌われたのですが、次々と流れてくる歌詞テロップから「『仕合わせ』って何だろう」という話になりました。歌詞に出てくる「仕合わせ」は、「幸福」の「幸(こう)」の字で書かれる「幸せ」ではなく、「仕合わせ」だったのです。調べてみますと、用法として「偶然性を重視するときは〝仕合わせ〟も好まれる」(明鏡国語辞典)のだそうです。「めぐりあわせ」に近い意味でした。

 「仕え合う」の漢字を使った「仕合わせ」は、『カトリック教会の教え』という日本の司教団によって日本人のために書かれた教理の解説書に記述があります。「〝人間〟という字は〝人(ひと)〟の〝間(あいだ)〟と書きます。日本人は〝あいだ〟を大切にする民族であるといわれ、〝ひと〟のことを〝人間〟と表現します。[…] 日本人はいつも他の人との〝あいだ〟を重視し、個人と共同体とを一体化して考えます。ですから人間の幸福を考えるときも、その〝間柄〟や〝世間〟また〝仲間〟との関係の在り方が重要になるのです。人は自分一人で幸福を得たとしても、真の幸福が互いに仕え合うこと、つまり〝仕合わせ〟に通じていることを知っています」(『カトリック教会の教え』p.267)と、このように伝えています。「幸せ」は互いに仕え合うこと、それで「仕合わせ」だというのです。

 イエスさまの弟子たちが「だれがいちばん偉いかと議論し合っていた」ときに、イエスさまからは「仕える者になりなさい」という言葉が投げかけられます。それから、イエスさまはご自身のことを「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである」(マルコ9・33-45)と仰います。わたしたちが心に留めたいことはイエスさまの姿です。力関係はなく、神さまの望みを知って自らを差し出し、人びとのために自分を与え尽くすこと、他者のための存在になりきったのです。感染対策で人との接触を減らすようにしていますが、わたしは一人で生きていくことが出来ないと以前よりも強く感じてしまいます。「めぐりあわせ」に大切なことを見いだしながら、お互いを高め合うことができたらと思います。

  宗教主事 祖父江 優太

2021年10月22日

2021年9月27日

2021年9月27日

三笠幼稚園

 新型コロナウイルスの感染拡大が幼稚園に与えた影響は計り知れず、もう1年半以上に及び幼稚園の日常生活は様変わりしてしまいました。

1学期の行事はほとんど中止になり、迎えた2学期もコロナウイルスの感染者が確認されたことで、園児・保護者の皆様方には大変ご心配・ご迷惑をおかけいたしました。

幼稚園も対応に四苦八苦致しましたが、子ども達は自由登園・午前保育の中でも、お友達との関わりを楽しみ、先生方のアイデアで楽しく遊び、喜んで毎日を過ごしています。

 2学期最初の大きな行事運動会も年長組だけの開催となり、この年齢・この時期にしか体験できない様々な事柄・楽しみ・幼稚園でのお子様の成長を同じ場所で共有出来ない事に対して保護者の皆様方には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 残念なお気持ちを何人かの保護者の方から伺いましたが、今は、子ども達を守らなくてはなりません。

 

大切なのは子ども達の命です。

コロナウイルスを身近に感じ、恐ろしさを実感した日々です。

コロナが収束し、いつもの日常が戻ることを祈りたいと思います。

このような中でも夏休み・自粛の間も年長組が5月から育てているイネは大きくなり、実(お米)がたくさん実りました。

おにぎりパーティーまであと少しです。

引き続き万全の感染対策(手洗い・消毒・検温・バスオゾン空気清浄機搭載・ソーシャルディスタンス・黙食等)を幼稚園・ご家庭で行いましょう。

ご理解・ご協力をお願い致します。

園長 浅羽 裕子

2021年9月28日

2021年8月25日

2021年8月25日

三 笠 幼 稚 園

 私にとって家に帰ってすることと言えば手洗いとうがいです。はじめの頃はやっぱりお父さんやお母さんに言われたからだったのでしょうか、パンデミックに関らず当たり前のこととして子どものときから身についています。家の中にいても、トイレに行った後や食事の前に手を洗います。興味深いことに、イエスさまの時代も食事の前に手を洗っていました。衛生上の意味合いも考えられますが、どちらかと言うと宗教上の務めとして食事の前に手を清めることを大事にしていたので、守らない人がいたときに「汚れた手で食事をするのですか」(マルコ7:5)と非難する人がいました。きまりをしっかりと守って清く生きようとしているのに、気にしない人の様子を見て苛立ってしまったのだと思います。イエスさまは非難した人に向かって「あなたがたは、神の戒めを捨てて、人間の言い伝えを固く守っている」(マルコ7:8) とおっしゃいます。続く聖書の箇所からは、その言い伝えを守ることに頑張りすぎて見失っていることに気づかされます。神さまに向かっている心です。清めていただくのは、神さまのはたらきがあってこそです。言い伝えの方が先にきてはなりません。わたしたちの手洗いには清めという儀式的なことをそのまま当てはめることが出来ませんが、手を洗うことは自分の身や身近な大切な人を守ることに繋がっています。いただいている命と支えを感じるのは、言い伝えよりも先に自分のことを本気で想ってくれている姿を心のうちで受け取っているのだと思います。ずいぶん前のことですが、年明けのある新聞のコラムに「シトラスリボン運動」のことが掲載されていました。名前は運動を立ち上げた方たちの住む愛媛特産の柑橘に由来し、三つの輪になっているシトラスカラー(黄緑)のリボンを身に着けて感染症に対する中傷や差別をなくそうと訴えています。共感を支えとしているので署名活動をすることはなく、また中傷した人を非難することがありません。コラムを読んで気になったので早速「シトラスリボン」をネットで調べてみたのですが、「ただいま・おかえり」と言いあえる街なら安心して検査が受けられるし感染拡大を防ぐことに繋がるということ、感染者が「出た・出ない」ということ自体よりも的確な対応ができるかなのだということが載っていました。正しさの押し付けよりも前向きに今もこれからも求められている一歩であるように考えられます。「ただいま・おかえり」が言いあえる関係にあって排除はなく、一人ひとりが尊い存在として認め合える温かさがあると思います。感染対策にしても人それぞれで置かれている状況も様々ですが、わたしたちに出来る日々の対策の積み重ねと心ある過ごし方を大切にしたいものです。

宗教主事  祖父江 優太

2021年8月26日

2021年6月25日

2021年6月25日

三笠幼稚園

 2021年度1学期が終わろうとしています。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い今までの保育の見通しが保育現場に混乱や戸惑いを生じさせる状況が続いています。今、私達保育者が子ども達にできる事、そしてこの先の保育の為に考えておきたい事を考えながら毎日を過ごしました。3蜜を避けるために、1学期のほとんどの行事を中止いたしました。昨年は6月に行った入園式も今年は予定通り行えましたが、一昨年まではご両親は勿論祖父母の方々にもお越しいただき、皆で初めての幼稚園生活のスタートをお祝いしていただきました。今年度顔合わせ面談は行いましたが、各クラス会は中止になり、同じクラスの保護者の方々が集う事が出来ませんでしたのでクラスとしての一体感がまだ生まれていません。5月の遠足、6月の参加日を予定し、進級・入園した子ども達を見ていただける予定でしたがそれも叶わず、お誕生日会・お遊び会も中止になりました。卒園生・在園児が楽しみにしていた「夕涼み会」も今年も中止です。

保護者の皆様方には今年度幼稚園での生活を、行事を通して見ていただく機会が無く、不安やご心配の方もいらっしゃる事と思いますが、お子様方は着実に成長しています。

初めての幼稚園生活、親子共々何もわからず始まりましたが、年少組はお祈りを覚え、椅子に座って先生の話が聞けるようになり、お友達と遊ぶ楽しさを感じています。

年長・年中も新しいクラス・先生に慣れ、新しいお友達と遊び、仲間で活動しています。

2学期の運動会・みかん狩り・クリスマス会は参加の形を考えて行う予定です。

子どもは大人にくっつく事で精神的な安心感を得るのです。人との距離が離れている今だから精神的な距離を近づけて共感できる事や言葉かけを意識して行っています。

子どもが泣きながら近づいてきたら、コロナ禍の状況であっても優しく抱っこしています。大切なのは子ども達です。

 今年も年長組は種籾からイネを育てています。毎朝「早く大きくなってね!!」と声をかけ、成長を楽しみにしています。秋には「おにぎりパーティー」です。お米作りの楽しさと、大変さを学び、食べ物を大切にし、感謝の気持ちを学んでいます。

園長 浅羽 裕子

2021年6月29日

2021年5月25日

2021年5月25日

三 笠 幼 稚 園

 日に日に夏が近づいていることを感じます。先日、従姉の娘(6才)と一緒に話しながら川沿いの散歩道を歩いていました。途中から私の手をツンツンしてくるので「何だろう」と気にしながらも、そのままにしていました。しばらくすると、いきなり手を握ってきました。こはずかしいのでスルッと手を離そうとしたら、今度はギュッと力強く握られました。手をつないでいることへの意識はすぐになくなり、いつの間にか自然になっていました。

 懐かしさとともに、身近な人と手をつないでいられるのは大切なことだなと気づかされました。いつもそばにいてくれる人と手をつなぐことができるから、安心してのびのびと子どもたちは過ごすことができます。大人になっても手をとりあうし、心でつながっているからこそ出来ることがあります。人との人との関わりが難しい状況にあったとしても、当たり前にいつもそばにいてくれる人との信頼関係はさらに築き上げられていくチャンスであります。

 いつもそばにいてくれる存在を大切に感じていることは、わたしたちにとって大きな励みとなります。イエスさまもマリアさまもわたしたちに伴ってくださっています。聖書で語られているイエスさまは、「神は我々と共におられる」と呼ばれる方としてお生まれになり(マタイ1・23)、復活なさったイエスさまは「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28・20)と仰いました。決して変わることのない愛に満ちたまなざしは、イエスさまからはもちろんのこと身近な人を通しても一人ひとりに向けられています。

 私は三笠幼稚園のチャプレン(幼稚園の司祭)として任命されました。カトリック横浜司教区の神父です。私は幼稚園のときに教会の隣にある磐田聖マリア幼稚園に通っていました。友だちの顔と名前と、給食で食べるのが遅かったことくらいは覚えています。感謝のうちに務めを果たしたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

宗教主事 祖父江 優太

(そぶえ ゆうた)

2021年5月27日

2021年4月26日

2021年4月26日

三笠幼稚園

 いよいよ5月、木々は一斉に新緑の季節です。自然の力強さを感じます。

5月の第2日曜日は「母の日」です。子ども達からもお母様に「愛と感謝」のプレゼントを考えています。子ども達の純粋な心のプレゼントを楽しみに待っていてください。

カトリック教会も5月は「聖母月」です。感謝と希望に満ちたマリア様に新入園の子ども達は少しずつお祈りを覚え静かな心でお祈りをしています。神様は子ども達のきれいな心・やさしい心・すなおな心を一番喜ばれます。4月に入園後泣いて登園していた新入園児達も、少しずつ泣かずに登園し、自分の居場所を見つけはじめ、楽しく通えるようになってきました。進級した子ども達も新しい先生・お友達・保育室に慣れたようです。

保護者の皆様は少し寂しいのではないでしょうか・・・?

 最近の新型コロナウイルスは変異株の感染が主流になってきつつあり、10歳未満の子ども達への感染の可能性が高いという事で、不安な日々を送られていることと思います。気候の良い5月を前になかなか思う通りに外出が出来ない中、絵本の読み聞かせはいかがでしょうか?

読み聞かせは想像力や言語力が高まり感情が豊かになると言われています。

心地よいお父様・お母様のお膝の上に座る事が出来る嬉しさと絵本を読んでいただける楽しさが〝本が好き″に繋がっていきます。保護者の皆様と同じ空間を共有する大切な時間です。時には話の内容を〝なんでこうなったのかな?″〝この先どうなるのかな?″などと一緒に考える事も思考力を高める要素になります。

迎えるゴールデンウィークの一つの過ごし方に加えてみてはいかがでしょうか?

 引き続き幼稚園は手消毒・換気・マスクの着用(活動内容・年齢により緩和)・ソーシャルディスタンス・施設・遊具の消毒・オゾン空気清浄機使用等を続けてまいります。

皆様方には検温のご協力をお願い致します。

園長  浅羽 裕子

 

2021年4月26日
› 続きを読む