園だより

宗教主事および園長のことば

2017年10月

2017年9月25日                       三 笠 幼 稚 園

  十字架を切る

 

 夏休みも終わり2学期が始まりました。子どもたちも1学期に比べてとても大きく成長したように思います。夏休みでの思い出を大事にして、子どもたちは2学期も楽しく幼稚園に来てもらいたいです。

 さて、今月の園だよりでは「十字架を切る」ということについて考えてみたいと思います。

 子どもたちは、幼稚園に来て聖堂に入るときやお祈りをするときに十字架のしるしをしますが、ちゃんと十字架を切れる子もいれば、まだ難しい子もいると思います。大人でも難しいですが、ここで少し学んでもらえたら嬉しいです。

カトリック信者も、聖堂に入るとき、また、お祈りするときによく、十字架のしるしをします。これは、「アーメン」とともに、いちばん簡単な信仰告白だと言われています。

初代教会の時代から、キリスト信者たちは、十字架にかけられ、死んで、葬られ、復活されたイエス様を救い主として信じます。「信じています」ということを表すために、十字架のしるしをしていました。

しかし、キリスト教の迫害時代には、人目につかないよう、額や口、胸などに、そっと小さな十字架のしるしをしていました。そして、信者同士、互いに信仰を確かめ合い、励まし合っていたのです。キリスト教が公認されるにしたがって、今日の信者たちが教会で、大きく十字架を切って祈るようにと、大きく堂々と十字架のしるしを公にすることができるようになりました。

十字架のしるしは、下記のことばを、口頭で、また心の中で唱えながらします。

十字は、右手で、額 → 胸 → 左肩 → 右肩 → 手を合わせます。

下の絵を見ながら子どもたちも、心を込めて十字架を切れるようになれたら嬉しいです。

宗教主事 内藤 聡

 

 

2017年9月25日

2017年9月

2017年8月25日

今年は夏休み前から猛暑が続き、夏休みのお預かりも毎日プール遊びが中心でしたが、7月末から8月初めにかけて夏にしては過ごしやすい日が続きました。このまま涼しくなってしまうのは過ごしやすく嬉しいけれど、農作物やその他天候によって影響を受ける事があり心配しましたが、心配することもなく暑さが戻ったり、涼しくなったりと天候がはっきりしない毎日でした。また台風による被害があちこちで報道され、被害にあわれた方々のご健康と、一日も早い復興を心からお祈り申し上げたいと思います。

皆様方は夏休みどう過ごされましたか?

新学期に子ども達からたくさんの楽しい経験を聞きたいと思います。楽しみにしています。

私達職員はこの夏休みもたくさんの研修に参加いたしました。

2018年度4月より幼稚園教育要領が改定されます。

21世紀中盤を担う子供たちに、どういう力を付けていったらよいかという問題意識が考えられています。小学校以降とのつながりを踏まえて示される

1.知識・技能の基礎、2.思考力・判断力・表現力等の基礎、3.学びに向かう人間性等

この3つは柱は新しい考えではなく以前からの遊びや生活のなかでの豊かな体験を通して何を感じ、何に気づき、何が解り、何が出来るようになるかを試したり、工夫したり表現していました。遊び込む経験が多い方が学びに向かう力が高くなると言われています。

三笠幼稚園は今後も保育の質を高め、「日々の遊びが学びの保育」を充実させ活用し、取組みたいと思います。

2学期は行事の多い学期です。どの行事も体調を整え一生懸命努力し、楽しんで行って欲しいと思います。保護者の皆様にもお手伝いいただく事の多い学期です。どうぞ宜しくお願い致します。

園長 浅羽 裕子

 

2017年9月25日

2017年7月

2017年6月26日                       三 笠 幼 稚 園

イエスのみ心

 6月に入り梅雨の季節に入ってきました。雨の季節は心が重たくなりますが、夏に向けて子どもたちと一緒に元気に過ごしていきたいものであります。

 さて、教会は伝統的に、6月を「イエスのみ心の月」として、お祝いをしています。

イエスのみ心とは、私たちが神様から愛されているということを思い起こすと共に、イエス様の無限の愛のしるしである“み心”をたたえることです。

 

 皆さんは「愛」と聞くとどのようなうイメージが思い浮かびますか?

多くの人は「愛」と聞くと、恋愛とか結婚など男女の愛を思い浮かべるかも知れません。もちろん、それも答えではありますが、聖書や教会で言われる「愛」はもっと広いイメージがあります。もちろん神様を愛すること、家族を愛すること、友達や、それ以外のたくさんの人をも愛することと言えるでしょう。

 

 ある聖書では「愛」というのを「大切にする」とか「大事にする」というように書かれています。なので、神様を大切にする。家族を大切にする。友達を大切にするという方が分かりやすいかも知れません。

 イエス様は父である神様を一番に大切にしていました。そして、弱い人や、貧しい人、子どもや女性も大切にされました。そして、今でも私たちを大切にしてくださっています。

 しかし、私たちはつい神様やイエス様を大切にせず忘れてしまったり、家族や友達を大切にせず、自分勝手なことをしてしまいがちです。そうしていくと、イエス様の心は悲しんでしまいます。

 私たちもイエス様のように、父である神様を大切にしながら、家族、友達、これから出会うたくさんの色々な人を大切にしていけるような心を持ち続けたいものであります。

宗教主事 内藤 聡

2017年6月29日

2017年6月

2017年5月25日                        三笠幼稚園

 

5月のゴールデンウィーク後の子ども達の姿は泣いたり、逃げ出す子ども達もほとんど無く、徐々に幼稚園生活を楽しみ、自分の居場所を見つけ、お友達と遊び、新しいクラス・幼稚園に馴染み始めたように感じています。

 梅雨の6月に入ります。昨年の行事は雨が多かったです。

今のところ今年は始業式・入園式・お迎え訓練・お遊び会・遠足と雨に降られず良いスタートを送っています。

このまま一年間お天気に恵まれて楽しく行事を行う事が出来たら良いと願っています。

 

 2018年度から幼稚園の教育要領が一斉に改められます。

最近は何が何でも自分の思いを通そうとする子、逆に自分の思いを主張しない子、自信がなく最初から挑戦をあきらめる子、そんな子ども達が増えてきたように思います。

家族以外の人との交流が少ないなどの子ども達が育つ環境の変化が背景にあると言われています。集団生活の中で“安心・安全”が確保されることにより色々な事に挑戦する事、遊びの中から“優しさ・思いやり・感謝・我慢”が培われます。

子ども達はたくさん愛された経験・又反対に厳しく叱られた経験が多かった子ども達ほど諦めず・くじけない力がつくそうです。

保護者の皆様・私達保育者が子ども達にきちんと向き合い、愛し、褒めるときは大いに褒め、悪い時にはしっかり叱る事が大切で、無関心や、放任は好ましくありません。

幼稚園では自由に遊べる環境の確保・遊びの中から学びの基盤を作っています。

 

6月は国民の休日が一日も無く、保育日数が多いです。

お部屋遊びも多くなりますが、休まず、元気に登園して欲しいです。

園長 浅羽 裕子

 

2017年6月23日

2017年5月

2017年4月25日                               三 笠 幼 稚 園

 ✝主のご復活おめでとうございます。

 先日、全世界の教会では復活祭をお祝いしました。英語では、ハッピーイースターとも言われますが、日本語では復活祭と言います。復活をお祝いします。 誰の復活をお祝いするんでしょうか。それはイエス様のご復活をお祝いします。 イエス様は十字架で死なれて、墓に葬られて、3日目に復活されました。  死んだはずのイエス様を、父なる神様はお見捨てにはなりませんでした。父なる神様は、十字架に死んでお墓に葬られたイエス様をいのちに呼び出してくださいました  十字架に死んでくださったイエス様が、死んだのに、父なる神様にいのちを与えられて復活された。わたしたちはそのことをお祝いします。

 ただイエス様が生きておられることだけをお祝いするのではありません。イエス様にいのちをお与えになった父なる神様は、わたしたち一人一人にも、いのちを与えて下さっていて、それをとても喜んでくださっている。みんなのいのちを心から慈しんでくださっている。大切にしてくださっているんですね。だから、みんなのいのちが失われてはいけない。滅びてはいけない。そうお望みになって、イエス様の十字架によって、わたしたちの罪を赦して、わたしたちがたとえ死んでも、イエス様をいのちに呼び出してくださった神様は、わたしたちを、みんなのことをも、いのちに呼び出して下さるのです。

 みんながお母さんから生まれてきた日、お父さんやお母さん、家族のみんなは何ていってお祝いしてくれたでしょうか?きっと「おめでとう」と言ってお祝いしてくれたと思います。イエス様のご復活を「おめでとう」と言ってお祝いするわたしたちは、そのイエス様から永遠のいのちを頂いて、神様から「おめでとう」と喜ばれている一人ひとりです。  イエス様が生きておられるというのは、わたしたちも生きるようにという父なる神様の御心です。与えられたいのちを楽しく喜んで生きるように、そして自分のいのちの終わりを迎えるときには、イエス様に罪を赦されて、永遠のいのちを頂いて、また神様によって生かされるように、そう父なる神様は望んでくださっています。

 復活されたイエス様は、いつもみんなと一緒にいてくださって、みんな一人一人のことをお守りくださいます。わたしたちを大切にし、何よりも心にかけてくださるイエス様に感謝して、新しく始まる幼稚園の毎日を大切に過ごして欲しいと思います。                宗教主事 内藤 聡

2017年5月9日

2017年4月

2017年4月10日  三笠幼稚園

進級・入園おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

新年度は、お子様方や、保護者の皆様はもちろんですが、私達保育者もとても緊張する時です。新入園の皆様は横須賀にはたくさん幼稚園のある中で三笠幼稚園を選んでいただき、2年或いは3年後卒園の時に”三笠幼稚園で良かった!!”と思って頂けるように子ども達や、保護者の皆様に信頼していただけるように保育していきたいと思っております。

幼稚園は初めての集団生活の経験の場です。共に遊び・学び・考え・喜んだり・悲しんだり・助け合ったり・時には自分の思い通りにならなかったり・叱られたりといろいろな経験の中からたくさん学ぶ大切な社会の場です。

保護者の皆様もご一緒に学んでいただき、幼稚園で大切にしている祈る事・人を愛する事・人を思いやる優しい心・感謝する心を私達大人がお子様方にお手本を示していただきたいと思います。

そうは言っても、不安と心配がたくさんある進級・入園のこの時期は、親子共々心配な事がたくさんあると思いますが、少し落ち着いて園生活を送り、お友達が出来たり、楽しい遊びが見つけられたり、自分の居場所が見つかると、自然と解消されていくと思います。

三笠幼稚園は、お子様方を全員の職員で見守り、育てていきますので、どうぞ、安心してお任せいただきたいと思います。しかし、何かご心配な事がありましたら、いつでもご相談ください。ご家庭と幼稚園で相談しながら対応し、接していきたいと考えています。

この新しい一年が、恵み豊かな一年になりますように、そして園長の私も、新人の職員を含め全員の職員も心豊かな神様の子どもに育ってほしいと願っております。

皆様のお祈りとご協力を心からお願い致します。        園長 浅羽 裕子

2017年5月9日

2017年3月

2017年2月27日   三笠幼稚園

 今年度も最後の月となりました。

4月当初は不安な気持ちで進級した新クラス。不安な気持ちで入園した新入園児達も今ではすっかりその年齢の成長をし、進級に向けて期待と不安な3月となりました。

毎日の生活の中で本当に楽しく、自分の考えを持ち、行動し、お友達に対する思いやり、優しさを学んだ年長組。胸を張って小学校に送り出す事が出来ます。

年中・年少・ちゅーりっぷ組も現在のクラスを楽しみ、たくさんのお友達と遊び、たくさんのことを学び進級します。

朝晩はとても寒かった2月でしたが、昼間は暖かい日多く、園庭で元気に遊び、ノロウイルス・インフルエンザの大流行もなく、元気いっぱい過ごしました。

 2月初めの参観日に年長組が歌った曲、幼稚園生活での感謝の気持ちが伝わってきましたので、皆様にもご紹介したいと思いました。

 

        ♪ ありがとう こころをこめて ♪

 

いつの間にか僕たちは一人で歩いていたよ 6年前にこの世に生まれた小さなこの命

晴れた日にも雪の日にも元気な時も病気の時も 変わらない優しいまなざしが僕たちを包んでくれた

 

気がつけば春の風があんなに歌っているよ

ありがとう心をこめてありがとうそしてさよなら

 

どこまでもはるかな道を歩いて行ける勇気と 悲しみを 分かち合える温かいこの心

喧嘩をして仲直りして泣いて笑って励ましあって みんなと一緒に私たちは大きくなれたよ

気がつけば春の風があんなに歌っているよ

ありがとう心をこめてありがとうそしてさよなら

 

晴れた日にも雪の日にも元気な時も病気の時も 変わらない優しいまなざしが僕たちを包んでくれた

 

いかがでしょうか?

この歌詞のように子どもたちは、皆様に「感謝する心」「ありがとうの心」を学び大きく成長致しました。

1年間皆様のお祈り・ご理解・ご協力をいただき、無事に最終月を迎える事が出来ました。

ありがとうございました。             園長 浅羽 裕子

2017年4月12日

2017年2月

2017年1月25日                   三 笠 幼 稚 園

 羊飼いたちは急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。(ルカ2:16-19)

 カトリック教会では新年の最初に、「神の母聖マリア」のミサをします。その日に読まれる聖書に「マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた」と書かれています。羊飼いたちの話を聞いて、マリアだけはしっかりと心に刻み付け、何度も思い出してその出来事の意味を考えたということです。マリアは、自分の出来事の中にこめられた神のメッセージを聞きとろうとしたのです。

 3学期の始業式の後、卒園アルバム用の写真を撮影しましたが、アルバムなどの思い出の詰まった一枚一枚の写真を見ていると、懐かしい気持ちになり、心が熱くなると思います。それは、一つ一つの出来事を通して神さまがどれほどわたしたちを愛してくださったか、この世界を愛して下さっているかに改めて気づくからです。今の子どもたちは、十分に分かっていなくても、将来になって思い起こし、振り返ることによって、その出来事に込められた神様からの深い愛の意味を感じ取ることができると思います。

 しかし、どんなに深い愛のメッセージを受け取ってもその内容を忘れてしまったり、そもそも届いていることに気づかなかったりすれば意味がありません。出来事をそのときだけで忘れ去り、思い巡らさないなら、神様のせっかくのメッセージを冷たく聞き流すことになってしまいます。

 過去の出来事を忘れ、その出来事にこめられた神様の愛のメッセージを忘れてしまうということは、神様を悲しませてしまいます。すべての出来事をしっかりと心に刻み付け、思い巡らすなら、わき上がってくるのはただ感謝の言葉だけだと思います。神からの恵みは、すでに私たちの目の前にあるのです。必要なのは、ただそれを「心に納めて思い巡らす」ことだけなのです。

 子どもたちが、これからもしっかりと神様の言葉を受け取り、いつも神様の愛を思いめぐらしながら成長していってもらいたいと思います。                    宗教主事 内藤 聡

2017年4月12日

2017年1月

2017年1月10日   三笠幼稚園

 

 新年 おめでとうございます。

新しい年が恵み多い年でありますようにお祈りするともに、今年一年平和な年になりますように願います。神様を信頼し、賛美し、感謝を基に神様のなさった行いを日々生活の中で実行し、過ごす事のできる一年にしたいと思っています。

私が大切にしている 使徒 パウロのケサロニケの教会への手紙の言葉です。

   いつも喜んでいなさい

     絶えず祈りなさい

       どんなときにも感謝しなさい     です。

 

これこそ 神様が私たちに望んでおられる事です。

三笠幼稚園はカトリックの幼稚園です。神様を信じいつくしみ深い神様にいつも感謝しながら私たちがお互いに寛容な心を持ち、それぞれの良さを活かす事が出来ますように。

理不尽な出来事で傷つき、苦しむ人々の様々な思いを受け止めて、その思いに心を向け、必要に答える事が出来ますようにと願いながら日々過ごしています。

 東日本大震災・熊本地震も忘れずに今年も各献金を被災された方を支援するために使わせていただきたいと思います。皆様のお祈りとご協力を宜しくお願い致します。

 三学期の保育日数は少ないです。年長組は小学校に向けてのまとめの学期、その他の学年は進級するためのまとめの学期です。

二学期の終わりまではインフルエンザによる欠席は一人もありませんでしたが、まだまだこれからが流行する時期です。うがい・手洗いを忘れずに三学期も寒さに負けず、薄着を心がけ元気に三学期を送りたいと思います。

今年も宜しくお願い致します。      園長 浅羽 裕子

2017年4月12日

2016年12月

2016年11月25日                三 笠 幼 稚 園

12月になり、いよいよクリスマスがやってきます。子どもたちはサンタさんからクリスマスプレゼントをもらうのを楽しみにしていることでしょう。そして、神さまからも素晴らしいプレゼントを頂いています。それは、イエス様です。神さまはわたしたちを愛しているからこそ、大事なイエス様をプレゼントしてくださいました。わたしたちは自分の生きている「命」も大切にすることが出来ます。わたしたちが生きていることも、神さまからの大切なプレゼントなのです。

 わたしたちが生まれてきたのはなぜでしょう。それは、神さまが両親を与え、この世界に送り出して下さったからこそわたしたちは生まれてきました。そう考えれば、その命が神さまからの大切なプレゼントだということが分かると思います。

 わたしたちはせっかく誰かにプレゼントを上げたのに、その人がプレゼントを気に入ってくれなかったり、後で捨ててしまったことが分かったりしたら、わたしたちはどう思うでしょう。とても悲しいに違いありません。神さまも同じです。もしわたしたちが神さまがくださった命を喜ばず、毎日つまらなく生きているということならば、神さまは悲しむに違いありません。まして、自分で自分の命を絶ち、命を放り出してしまうような人がいれば、神さまの悲しみは一体どれほどでしょうか。

 逆に、プレゼントを相手が大よろこびで受け取り、最後まで大切に使ってくれれば、わたしたちは嬉しくなります。それと同じで、神さまも、わたしたちが毎日大喜びで楽しく生きていれば、必ず喜んでくださるはずです。わたしたちが、毎日を精いっぱいに生きることで、神さまは心から喜んでくださいます。

 神さまからいただいた命を喜んで生きているだけで、わたしたちは神さまを喜ばせることができるのです。そして、それこそが、わたしたちが生きる意味なのです。元気に生きていることに大きな意味があります。生きるからこそ人生に意味が生まれる、そう言ってもいいかもしれません。このクリスマスに、子どもたちが神さまからいただいた命のプレゼントを感謝し、これからも神さまと一緒に元気に育ってもらいたいと思います。                       宗教主事 内藤 聡

2016年12月8日
› 続きを読む