園だより

宗教主事および園長のことば

2018年10月

2018年9月25日                   宗教主事 浜崎 眞実神父

健康願望〜信仰より健康?〜        

 子どもの健やかな成長を願い、自分自身の健康を気づかって生活することは当然のことで、多くの人が関心をもっていることでしょう。しかしナザレのイエスの生き方から考えると、健康という価値が第一とは言えません。病気や障害との向き合い方について考えてみます。

 個人が健康を願うことと、国家やある団体が健康を優先的な価値として標榜することは区別するべきです。そうでないと「病院化した社会」をつくることになります。病気を治療すべきものと認識して人と関わるのは医療関係者であり、病院です。しかし、それだけが病気との向き合い方ではありません。病気の人とつながり、疾病そのものよりも周りの環境に働きかけることも大事です。また、医療モデルで人を見ることの問題性の指摘と社会モデルで見るように促されているのが現代において社会からの要請であり「時のしるし」でもあります。障害学などではすでにそのような考えを提唱しています。「障害者差別解消法」(2016年)でも、医療モデルから社会モデルへと障害を見る枠組みの変更が指摘されています。すなわち、障害は個人にあるのではなく、社会にあるとの認識です。教皇フランシスコが強調する「貧しい人の社会的包摂(ソーシャルインクルージョン)」も、排除する意図はなくても、排除の機能が働いてしまうことへの自覚を促すものでしょう。「強制された健康」ということばもあります。戦時中、国民にとって健康は義務でした。病気や障害のある人は、国家にとって邪魔者であり非国民として排除されたのです。「役に立つかどうか」や「生産性があるか」という物差しとは別なところにイエスの福音のメッセージはあります。

 

【医療モデルと社会モデル】

 ともに障害学(disability studies)の概念です。医療モデルとは、障害は個人の能力・機能によって起こるものであり、障害者が味わう社会的不利はそのひと個人の問題だとする考え方であり、障害者には治療とリハビリが必要だという考え方です。つまりこの考え方では、社会的な不利は障害者自身が問題であって、社会が差別したという人権問題にならないのです。それに対して社会モデルでは、障害は社会の障壁によって作り出される、障害者が味わう社会的不利は社会の問題であり、障害者とは、社会の障壁によって能力を発揮する機会を奪われた人々と考えます。すなわち社会モデルは、個々の身体能力に着目するのではなく、社会の障壁に着目し、社会の環境に問題があると考えます。

 

2018年9月28日

2018年9月

2018年8月27日                 園長 浅羽 裕子

 今年の夏休みはどうお過ごしになりましたでしょうか?

猛暑日が続きました。幼稚園は夏休みに入ってすぐ園舎のエアコンを全部新しく取り換えました。次に事務室の床を張替え、外水道を取り換え、7月30日からは園庭のゴムチップを張り替えました。小さいバスも新しくなりました。

きれいになりました三笠幼稚園がお子様方の安全を願ってお迎えいたします。

園庭のゴムチップは“横須賀の海”をイメージし、創立60周年記念の船の遊具・外水道と統一して”青“にしてみましたがいかがでしょうか?

 夏の猛暑の後は秋・冬と季節が進みます。

過ごしやすい季節は少なく寒い冬がやってくるのでしょうか?

今はまだ夏のうだるような暑さにうんざりしていますが、秋から冬にかけてお部屋でゆっくり絵本を読み聞かせる時間を作りませんか?

保護者の皆様はお子様が心豊かに思慮深く心身ともに健康に育って欲しいと願っておられると思います。なにかと不安の多いこの社会を人間らしく生き抜いてほしいと。

世の中には保護者の皆様の気持ちを急き立て、迷わず情報があふれています。

絵本には子どもの人としての能力を育て、親と子を幸福と信頼で包む宝が埋もれています。

身体も心も親に抱き留められ保護者の皆様からの丸ごとの愛を感じていられる時間です。

無償のただ温かく抱き留められる愛に満たされて欲しいです。

2学期は皆様にご協力いただく行事がたくさんあります。

一つ一つを楽しみながら過ごしていきたいと思います。

最近は幼稚園の行事に参加したり、協力する機会が多いことが保護者の皆様から嫌われがちですが、家庭と少し違ったお子様の姿を知る良い機会です。嫌がらずにたくさん幼稚園の行事に参加・協力していただきたいと思います。

私の経験上今から数年が子育てで一番楽しい時期ですよ!!

楽しんで子育てしてください。

2018年9月28日

2018年7月

2018年6月25日                 宗教主事 浜崎 眞実 神父

「宗教と人権」

 今から10年前の2008年5月に「ハンセン病市民学会」の交流集会が東京で開催され、そこでは宗教部会のシンポジウムもあり、私が司会をしました。ハンセン病回復者で聖公会の信徒である方と浄土真宗本願寺派の僧侶と日本キリスト教団の牧師の三人がシンポジストでした。この牧師は、古くから今もなおハンセン病療養所と深いつながりをもっているキリスト教系の団体の責任ある立場の人です。

 そこで印象的だったのは、牧師の発言をめぐってのやりとりでした。彼は個人的な意見と断りながら「宗教の果たした功罪については、人権ということを考慮しなかったという問題はあるが、功のほうが大きかった」と主張しました。要するに宗教者には欠けていたことがあることを認めながらも、それは信仰に生きるのに精いっぱいで人権について配慮が足らなかったと言うのです。この考えに対して、まずシンポジストで聖公会の信徒でもある方からは功と罪という比較はおかしい。端的に罪だったので納得できないとの発言がありました。次にフロアーからも「宗教はどんな宗教でも神や仏の前では人間のいのちは等しく尊いことを主張しているはずで、それを法律の言葉にすると人権となる。そうであれば、人権を見失ったと言って人権が宗教とか信仰の世界の外にあるかのような発想ではおかしい。人権とは宗教の内側の根幹に関わるもので、宗教者は自分たちの足下をしっかり見つめる必要がある」との応答がありました。

 2005年3月に厚生労働省に提出された『ハンセン病問題に関する検証会議最終報告書』には、「ハンセン病問題は決して特殊な問題ではない。日本の国、社会の歩みを何よりも鮮明に写し出している。私たち一人一人の姿を写し出している鏡だ」との表現があります。この言葉を意識してみると、先のシンポジウムでのやりとりはとても大切なことを言い当てているように思います。人権に対しての意識の欠けた宗教とは、そもそも宗教とか信仰と呼べるものではないとの指摘であったと思うからです。      宗教主事 浜崎眞実 神父

※ハンセン病問題に関する検証会議では、宗教界の果たした役割について「隔離の現実に覆いを被せる、そのことは、ある意味で、究極の人権侵害と言うこともできよう」と厳しく指摘されている。(『ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書』2005年451頁)

2018年9月28日

2018年6月

2018年5月25日                      園長 浅羽 裕子

 

 今年の春の遠足「八景島シーパラダイス」は楽しめたでしょうか?

22団体3000人以上の遠足の子ども達がたくさん来場していました。少し暑かったようでしたが、お天気に恵まれ、日陰で昼食を食べる事が出来、神様に感謝の遠足でした。

子ども達は楽しめたようで、楽しかった「遠足の絵」が描けていました。

 新しい幼稚園生活が始まり、2か月が過ぎようとしています。

新しい生活のリズムは確立できたでしょうか?

子ども達の生活習慣の自立の一つ、『食事』について少し考えてみたいと思います。

朝ご飯を食べていますか?

箸を使って食べることができますか?

食器を持って食べることができますか?

など、あたり前のことが、今、あたり前ではなくなってきています。

ほとんどの子ども達は、毎朝、きちんと朝食を摂って登園しているようですが、朝、便通のある子ども達は、半数以下です。人は、朝起きてから、30分位しないと食欲が湧いてこないのだそうです。しかも、充分に睡眠がとれていることが前提です。朝の便通は、充分な量の朝食と水分が必要なのです。朝食を摂らないと脳が活発にならないので、ボーっとしたり、集中力や、気力が欠けてしまいます。栄養バランスを考えて食材の幅を広げながら、嫌いなものも食べられるようになるといいですね。

食事は、家族団欒の時間なので、長い時間を設定する必要はありませんが、だらだらと食べるのはよくありません。家族揃って、楽しいお食事をして下さい。

 4月末から始まったお弁当ですが、数年前と比べると、お弁当の内容が変わってきました。「食育」を考えていらっしゃる方が多くなったのでしょうか。

お母様方の子ども達に対する愛情が伝わってくるかわいい・見事なお弁当がたくさんです。

 今年も年長組は、稲を育てています。秋には「おにぎりパーティー」です。お米作りの楽しさと、大変さを学び、食べ物を大切にすることを学びます。

6月は雨の日が多くなる月です。けがに注意してお部屋遊びを楽しんでほしいです。

 

2018年9月28日

2018年5月

「宗教」について           宗教主事 浜崎眞実

 はじめまして、なぜだか三笠幼稚園の「宗教主事」に任命されました。幼稚園の行事を教えていただきましたが、お役に立てるのか不安です。カトリック司祭を20年以上やっているので、宗教者として関わるようにとのことでしょうが、どのように関わるといいのでしょうか。とりあえず、一年間よろしくお願いします。

 宗教についてはいろいろな立場や考え方があります。幼児教育の世界では、もしかすると「情操教育」の一環として位置づけられているのかもしれません。道徳や心の領域と捉えている人も多いようです。日本社会では宗教を正面から否定する人は少数でも、多くの人は怪しいと思い距離をとっているのが現状ではないでしょうか。学校現場では「道徳」が教科として扱われ教科書が用いられ評価の対象になることに対して人権の観点から問題視されてもいます。そのようなときに、従順で素直な心を育むのが宗教の役割だとは思えないのです。

 私は「宗教とは、幻想に対する批判的態度」ということばを大切にしています。人はそれぞれに大切にしていることやこだわりがあります。信念とか価値観とも呼ばれたりします。それは尊重されるべきものです。しかし自己中心で視野の狭いなかで生きている人間にとって、そういったものを絶対とすることは危険でもあります。信仰と思い込みや幻想とは隣り合っていると思うからです。

 

2018年9月28日

2018年4月

2018年4月10日                   三笠幼稚園

 進級・入園おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

幼稚園は、初めての集団生活の経験の場です。共に学び、共に遊び、考え、喜んだり、悲しんだり、励ましたり、ある時には叱られたりと大切な場です。

お子様を幼稚園に送り出し、保護者の皆さんも、ご一緒に学んでいただき、愛する事、ほほえむこと、人を思いやるやさしい心、感謝する心、の芽を引き出し、目覚めさせるために、私たち大人が、お手本を示す事が大切なだと思います。

 そうは言っても、不安と心配がたくさんある進級・入園のこの時期、「今まで大好きだった幼稚園に行きたくなくなったり」「担任の先生が変わって、緊張したり」「入園式に大泣きをして大丈夫かしら」「体も小さいし、生まれも遅いので、園でしっかりやっていけるかしら」等々・・・。

同じ幼稚園でも環境・担任の先生が変われば、戸惑いも感じますし、保護者と離れられずに泣くことも、特別な事ではありません。

親子共々ご心配でしょうが、少し落ち着いて、お友達が出来たり、楽しい遊びが見つけられたり、自分の居場所が見つかると、自然と解消されていくと思います。

保護者の皆様も、担任を信頼していただき、幼稚園は、全員のお子様を全員の職員で、見守り、育てていきますので、安心してお任せいただきたいと思います。

ただ、進級・入園と環境の変化が、ストレスとなる場合がありますので、その時は、ご連絡いただき、ご家庭と、幼稚園で相談しながら対応し、接していきたいと考えています。

この新しい一年が、恵み豊かな一年になりますように、そして、園長の私も、全職員も

心豊かな子ども達に育ってほしいと願っております。

皆様のお祈りとご理解・ご協力をお願いいたします。    園長 浅羽 裕子

 

2018年9月28日

2018年3月

2018年2月26日

 今年の冬はとても寒い日が多く、そして全国的にインフルエンザが猛威を振るいA型・B型両方が流行しました。三笠幼稚園もインフルエンザ0人を目指しましたが、最初はB型から始まり次の週にはA型が出ました。A型・B型と両方かかってしまった園児もおりました。2月3週目には落ち着き近くの学校や幼稚園のような大流行での学級閉鎖になりませんでした。毎日手洗い・うがい・室内の換気に気を付け、外で元気いっぱい遊んだおかげでしょうか元気いっぱいの三笠っ子でした。でも、まだまだ油断は禁物ですね!!

 東北一帯特に太平洋沿岸に於いて巨大な地震と津波が発生した東日本大震災から間もなく7年となります。7年という時間は決して短いものではありません。

今の幼稚園児はまだ誰も生まれていませんでした。

未だに「仮設住宅」にお住まいの方々や自主避難生活を送っていらっしゃる方々の話も聞きます。復興庁の統計によれば昨年12月の段階で8万人近い方が今なお避難生活を送られていると言われています。今までの幸せな生活を取り戻す事が出来ない状態が続いていることを忘れてはいけないと思います。三笠幼稚園はひと月に1回「おにぎりの日」の献金各行事等の献金で「ふじ幼稚園」の支援を続けていますが私達大人が語り継いでいかなければなりません。月に1度でも被災された方々の事を思い出し子ども達にも伝えていただきたいです。今年も今までの献金をふじ幼稚園に送金致します。

 今年度もあとひと月となり、進学・進級へと期待と不安の3月です。三笠幼稚園を巣立っていく子ども達、また進級を控えた子ども達は、三笠幼稚園の楽しい生活を通し神様の慈しみの下に、先生やお友達とのかかわりの中で身も心も大きく成長しました。

年度末にあたり、ともに歩んで下さった保護者の皆様に感謝申し上げますとともに、三笠幼稚園にかかわって下さったすべての方々の上に神様の豊かな恵みと祝福をお祈り致します。

一年間の皆様のお祈り・温かいご理解・ご協力ありがとうございました。

園長 浅羽 裕子

2018年4月3日

2018年2月

神様からの祝福

 

 皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

この1年が子どもたちを始め、家族の方々、先生方のうちに神様の恵みと祝福がありますようにお祈り申し上げます。

 新しい年を迎えて、子どもたちもそれぞれ次へのステップを進んでいくことと思います。年長さんは卒園を控えて春からは小学校に入学し、年中さん、年少さんの皆さんもお兄さん、お姉さんへと成長していきます。子どもたちが、これから大きくなっていっても神様のこと、イエス様のことを忘れずに、優しい神の子として歩んでもらいたいと思います。

 幼稚園では、子どもたちに一人一人に祝福をすることがあります。祝福とは神様からの恵みが私たちに注がれること、それは目には見えないけれどいつも神様が一緒にいてくださるということを願うものであります。

 

 カトリック教会においても、祝福は人に対してや信心用具(ロザリオやメダイ)などに良く使われます。聖書でも、イエス様は「子どもを抱き上げ、手を置いて祝福された」(マルコ10:16)しています。

 子どもたちは、まだ祝福の意味とか神様の恵みとかは分からないことがあるかも知れません。それでも、いつかこのような祝福を通して蒔かれた神様の種が芽を出して、子どもたち一人ひとりの信仰を咲かせてくれたらと願っています。

 大人になっていくと、だんだんと神様から離れてしまったり遠のいてしまうこともあるでしょう。しかし、神様は私たちを見捨てることなくいつも見守っていてくださいます。そのことを子どもたちは忘れずに心に留めて、これからも大きく成長してもらいたいと思います。

 

宗教主事 内藤 聡

 

2018年1月25日

2018年1月

2018年1月10日

新年あけましておめでとうございます。

今年1年が神様のお恵みいっぱいの年になりますようお祈り申し上げます。

 国際化・情報化・また少子高齢化が進むこれからの時代を生き抜いていく子供たちを育てていくうえで、昨年9月にも触れましたが、2018年4月より「幼稚園教育要領」が改訂され、三笠幼稚園はどのような使命を担っているかを考えています。

人間がお互いを尊敬し、関係性を作り愛することの大切さを伝え、親や私たち職員が思っている幸せ像に無理やりもっていくのではなく自分らしく成長できるように努めなければならないと思っています。そしてどんなに小さな子供であっても尊敬すべき存在でありその子がその子らしく輝けるよう手助けすることが大切と考えています。

 現代社会は自分と違うものを受け入れることが出来ない差別感を強く感じるような時代になっている難しい時代になっていますが、三笠にはいろいろな国籍・髪の色・肌の色・言語などの子ども達がいますので子供たちは感じてはいません。みんな同じなんです。

人が自立していくためには社会性・失敗しても見放されない安心感・今の自分でよいと思う思いを大切に①自分の意見を言う②我慢する③相手を許す④信じて待つ⑤きまりを守る⑥ダメな事はしない⑦思いやりを持つ⑧優しさを持つ力を大切にしていきたいと職員一同考えています。

 3学期は保育日数がとても少ないです。2学期のように大きな行事はありませんが、お正月・豆まき・ひな祭りなど日本の伝統的な行事を楽しみながら、年長組は小学校への進学、年中・年少・ちゅーりっぷ組は進級の為のまとめの学期です。

インフルエンザの欠席がなく2学期を終えました。

3学期も寒さに負けず、薄着を心がけ元気に3学期を送りましょう。

今年もお祈り・ご協力を宜しくお願い致します。

園長 浅羽 裕子

 

2018年1月25日

2017年12月

2017年11月25日              クリスマスに向けて心の準備を

 

 12月に入りクリスマスの季節が近づいて来て、教会や街中でも綺麗なイルミネーションが輝きはじめました。子どもたちにとっては、お家で美味しい物を食べたり、クリスマスプレゼントをもらったりして、楽しみにしている子どもも多いかと思います。

 でも、クリスマスはそうした美味しい物を食べたりプレゼントをもらうだけではなく、イエス様の誕生をお祝いする大事な日でもあります。イエス様の誕生をお祝いする準備のために、教会では待降節(たいこうせつ)というのが12月から始まります。クリスマスまでの間に、私たちの心を綺麗にする、イエス様の誕生をふさわしい心でお迎えすることが出来るように準備をしていきます。

 今月の園だよりでは、その待降節とクリスマスについて学びながら、私たちがよりよいクリスマスを迎える準備が出来ればと思います。

 カトリック教会では、クリスマス「降誕祭(こうたんさい)」の四つ前の日曜日から、クリスマスを準備する「待降節」という期間に入ります。

 待降節は、イエス様の降誕を待ち望む季節です。わたしたちの希望、わたしたちの人生における希望の光となって下さるイエス・キリストの誕生を待望する季節です。日々の中に注がれる神様の恵みを確認し、希望に感謝しながら、救い主の誕生を喜び祝うクリスマスの準備をしていく大事な期間になります。

 そして、クリスマスは救い主であるイエス・キリストの誕生を思い起こす日として古代から祝われています。イエスの誕生日について聖書には何も書かれておりません。この日に、祝うようになった理由として、有力とされる説は、古代ローマ暦では12月25日が冬至となり、太陽誕生の日として祝っていたようです。教会はこの習慣に合わせて、この日を、希望の光であるイエス・キリストの誕生日として祝うようになったというものです。

 クリスマスはただ何もせず待っているのではなく、私たちの方からイエス様をお迎えする準備であります。そして、イエス様の誕生だけでなく、再びイエス様が私たちのところに来られるのを待ち望む季節でもあります。私たち一人一人が綺麗な心でイエス様の誕生をお祝いすることが出来るように過ごしていきたいと思います。

宗教主事 内藤 聡

2018年1月25日
› 続きを読む